建物共済

建物共済では火災共済・総合共済が加入できます。

 

こちら(PDF)も御覧ください。

加入

農家の住宅、納屋等の建物、それらに収容された家財、農機具が加入できます。火災共済と総合共済があります。

対象となる事故

火災共済
火災、落雷、破裂爆発、給排水設備に生じた事故による水ぬれ、盗難によるき損・汚損、外部からの物体の落下・飛来・衝突などです。
総合共済
火災共済の対象となる事故に加えて、風水害・土砂崩れ・地すべり・雪害・地震等の自然災害が対象となります。

責任期間

共済掛金を払い込んだ日の午後4時から1年間。

共済金額

建物1棟ごとに家財等を含めて再取得価額いっぱいまで加入できます。

○限度額
 火災共済…6,000万円
 総合共済…4,000万円

(※火災共済と総合共済合わせて1億円が限度です。)

共済掛金

建物の用途、構造などで掛金率が異なります。

普通物件(住宅、納屋、倉庫等)の場合

掛金は(加入共済金額1000万円あたり)
火災共済住宅
一般造・・・・・8,600円
耐火造B・・・・・4,900円
耐火造A・・・・・2,700円
総合共済
一般造・・・・・29,800円
耐火造B・・・・・26,900円
耐火造A・・・・・25,200円

共済金の支払い

支払共済金

  • 火災等の事故のとき(火災共済、総合共済)
    1. 共済価額の80%以上に加入のとき
      支払額=損害額
    2. 共済価額の80%未満に加入のとき
    • 支払額=損害額×共済金額/共済価額×0.8
  • 地震を除く自然災害の場合(総合共済のみ対象)
    • 支払額=損害額×共済金額/共済価額
  • 地震等による損害の場合(総合共済のみ対象)加入共済金額の50%が限度
  • 特別費用共済金(総合共済は支払対象外)
  • 残存物取片付け費用共済金(総合共済は支払対象外)
  • 損害防止費用共済金
  • 地震火災費用共済金(火災共済のみ対象)
  • 失火見舞費用共済金

加入状況の推移

加入状況の推移のグラフ

共済金支払状況

共済金支払状況のグラフ

このページの先頭へ



トップページへNOSAI 岡山地区についてアクセスお問い合わせ
農作物共済家畜共済果樹共済畑作物共済園芸施設共済建物共済農機具共済
よくある質問用語集広報紙バックナンバーリンク個人情報のお取り扱い