畑作物共済

畑作物共済では大豆・ばれいしょが加入できます。

こちら(PDF)も御覧ください。

※このページでは、大豆共済ついて記述しています。「ばれいしょ」に関しては上記PDFをご参照ください。

加入

白大豆・黒大豆ごとに作付面積が5a以上の農家が加入できます。一筆方式、半相殺方式、全相殺方式の中から選択します。

対象となる災害

風水害、干害、冷害、雪害、その他気象上の原因による災害、火災、病虫害及び鳥獣害です。(栽培管理の不良などによる減収は災害とは見なされず、分割評価されます。)

責任期間

発芽期(移植をする場合にあっては移植期)から収穫するまでの期間です。

補償内容

一筆方式
耕地ごとに減収量が基準収穫量の3割を超えたときに共済金を支払います。
半相殺方式
被害耕地の減収量の合計が、耕地ごとの基準収穫量の合計の2割を超えたときに共済金を支払います。
全相殺方式
農家ごとの生産量(農協等への出荷数量)を基に、1割を超える減収があった場合、超えた部分(共済減収量)に対して共済金を支払います。

※なお、全相殺方式への加入は、ほぼ全量を過去一定年間(原則として5ヵ年)農協等へ出荷し、今後も出荷が確実な農家に限られます。

共済金額

1kg当たりの価格に基準収穫量の7割(一筆方式)をかけたものです。(半相殺方式は8割、全相殺方式は9割))

1kg当たり黒大豆価格742円(26年産)、10アール当たり基準収穫量150kgの場合

一筆方式の場合
共済金=1kg当たり価格×(基準収穫量×70%)
77,910円=742円×(150kg×70%)
半相殺方式の場合
共済金=1kg当たり価格×(基準収穫量×80%)
89,040円=742円×(150kg×80%)
全相殺方式の場合
共済金=1kg当たり価格×(基準収穫量×90%)
100,170円=742円×(150kg×90%)

共済掛金

掛金の55%を国が負担します。

共済金=共済金額×共済掛金率

(共済掛金率は3年ごとに改定されます。)

1kg当たり黒大豆価格742円(26年産)、10アール当たり基準収穫量150kgの場合

一筆方式の場合
約3,900円:77,910円×11.2%×45%
半相殺方式の場合
約4,900円:89,040円×12.3%×45%
全相殺方式の場合
約5,800円:100,170円×12.8%×45%

共済金の支払

一筆方式
耕地ごとに減収量が基準収穫量の3割を超えたときに共済金を支払います。
半相殺方式
耕地ごとの減収量の合計がその農家の基準収穫量の2割を超えた場合に共済金を支払います。(増収耕地は基準収穫量を実収穫量とみなします)
全相殺方式
農家ごとの生産量(農協等への出荷数量)を基に、1割を超える減収があった場合、超えた部分(共済減収量)に対して共済金を支払います。
支払共済金=1kg当たり価格×共済減収量

共済減収量、支払共済金は、Aさんの被害結果が次のとおりとすると。

耕地 a b c
基準収穫量 200kg 100kg 150kg
本年度収穫量 100kg 50kg 200kg
減収量 100kg 50kg △50kg
一筆方式の場合
共済減収量=(200×70%-100)kg+(100×70%-50)kg+0kg
       =40kg+20kg=60kg
支払共済金=742円×60kg=44,520円
半相殺方式の場合
共済減収量=(200+100+150)×80%-(100+50+150)kg
       =360kg-300kg=60kg
支払共済金=742円×60kg=44,520円

加入状況の推移

●大豆及び種子用ばいれいしょの加入を合計したものです。

加入状況の推移のグラフ

共済金支払状況

共済金支払状況のグラフ

5年間の合計

農家負担金と共済金(平成21年~25年度)

このページの先頭へ



トップページへNOSAI 岡山地区についてアクセスお問い合わせ
農作物共済家畜共済果樹共済畑作物共済園芸施設共済建物共済農機具共済
よくある質問用語集広報紙バックナンバーリンク個人情報のお取り扱い